2007年05月22日

ミニチュア・ダックスフントとは?

ミニチュア・ダックスフントとは

  犬種群 ハウンドG(獣猟犬グループ)
  原産国 ドイツ
  サイズ 体重5kg以下

ミニチュア・ダックス(以下Mダックスと略)人気は、ここ10年ほどウナギ上り。賢くて、優しい顔立ち。マイペースで、悪びれず、打てば響く反応の良さ。そして長めの胴で活発に動き回る姿を見れば誰でも、つい微笑んでしまうのです。

ミニチュア・ダックスフント■小型だけどハウンド犬!

トイドッグ並みの体重ですが、Mダックスはれっきとしたハウンド犬。サイズ5kg以下を「ミニチュア」に分けただけで、スタンダード(犬種標準書)の中身は変わりません。ちなみにアメリカでは、サイズではなく被毛タイプで分けられています。

ミニチュア・ダックスフント■ドイツの古文書にも登場

ドイツ国内でダックスは、今でも「テッケル」と呼ばれ、祖先犬は古文書に出てくるほど長い歴史を持っています。当初は体重が20kgくらいありましたが、12〜13世紀、農作物を荒らす穴熊や狐を巣穴から追い出すために約15kg(現在は10〜12kg)に小型化。それで、ドイツ語の穴熊=ダックス、狩猟犬=フントと名付けられたのです。

ミニチュア・ダックスフント■小さな穴でも入れるミニチュアです

さらに19世紀になって、小型のウサギやテンの狩猟用にもっと小さくなったのがMダックス。本来は体重よりも入れる穴の大きさが問題で、ドイツでは最大胸囲13.5インチ(35cm)未満という規定があります。

ミニチュア・ダックスフント■被毛は3タイプ

日本でロングやワイアヘアーを見かけるようになったのはごく最近ですが、ドイツでは15世紀に、スパニエル犬との交配でロングヘアー、17世紀末にシュナウザーやテリアをプラスしてワイアヘアーを、狩猟時に擦り傷をつくらないようにと作出。だからロングはややおとなしくて甘えん坊、ワイアはやんちゃで利かん坊な性格も受け継いでいます。

ミニチュア・ダックスフント■ワンポイント・スタンダード

ミニチュアよりさらに小型のカニンヘンは体重4kg以下、胸囲30cm以下(アメリカやイギリスにはいません)。日本のダックスは現在、3サイズと3種の被毛で、9通りの組合わせがあります。



posted by ミニチュア ダックス フント at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。